JR唐津線 山本駅


(唐津市:歴史民族資料館内パネルより)
「明治29(1896)年に『唐津興業株式会社』(草場猪之吉ら)が石炭の輸送を目的として設立され、明治31年妙見から山本まで開通し、明治36年には唐津線全線が開通した。会社名は、明治33年に『唐津鉄道株式会社』に改まり、明治35年には『九州鉄道株式会社』に合併吸収された。県内の鉄道のうち最も石炭輸送を主としたのは岸岳線である。唐津鉄道開通までは芳谷、岸岳鉱の石炭は川船で唐津港へ積み出していたが、開通後は岸岳からは軽便鉄道で山本まで運び、山本からは唐津鉄道で唐津港へ運ぶようになった。ちなみに明治39年(1906)には570,260トンの石炭を山本駅から積み出した。」

(『佐賀県大百科事典』佐賀新聞社より)
「唐津市山本にある、JR唐津線山本駅。1898(明治31)年11月、当時の唐津興業鉄道が山本−妙見(現在の西唐津駅)間で開通した時に開設。その後、北九州鉄道(現在の筑肥線)の建設で両線が交差したが、1983年(昭和58)3月、筑肥線が東唐津駅から唐津、西唐津へ路線変更されたのに伴い交差駅でなくなった。」


撮影 Nagasawa

 コメント
 岸岳線が開通したのは明治45年1月。唐津線山本駅から分岐し東松浦郡北波多村岸岳駅までの3.9キロ営業区間である。当初は石炭の積み出し線として建設されたわけだが、芳谷炭坑の繁栄とともに翌年9月21日より乗客輸送も開始した。この芳谷炭坑は県下最大の炭坑で、明治末には県下の採炭量の約40%を占めた。その芳谷炭坑株式会社が三菱に買収されたのは明治44年。三菱合資株式会社唐津支店の手によって唐津港から出荷され続けたが、この岸岳線はその後炭坑の閉山によって廃線となったのである。
 そして当時の写真を見ると、この山本駅は当時とさほど変わらない姿でそのままにあるといっていいだろう。佐賀市から唐津方面へと国道203号線をなにげなく車で走らせているときにふと気になった駅で、Uターンして写真を二枚撮ることにした。そのうちの1枚がこれだ。雨が降る日曜の午前だったためか、人の気配はなかったが、森閑としたその佇まいにどことなく惹かれた。その由来が気にかかり調べたところ、当時芳谷炭坑からの石炭を岸岳線の始発駅であるこの駅を経由して唐津へと積荷していたということが分かった。この山村地域においては、この山本駅が近代化した中央との接点だったのだろう。出稼ぎ炭坑労働者など多くの人々で賑わっただろう当時の様子が想像される。もちろん、といおうか残念なことだが、石炭から石油へと転換した戦後日本のエネルギー政策の帰結として、この山本駅は斜陽していった。いまはその活気に満ちたであろう当時の面影はないが、駅正面に無造作に置かれた「自動販売機」と「駐車禁止」の看板が、現代でも地域の人々の遠出の足として生き続けている山本駅の現在を物語っている。この二つが歴史の景観を汚していて痛々しいというのは簡単だろうが、現在にも生きる駅舎の実用面としてはいたしかたのないことかもしれない。とはいえ、できれば自動販売機や看板はもっと脇に置いてあればと思う。ちなみに、正面にある看板がこの写真では見分けにくいが、そこには「山本駅」と墨で書いてある。この地域に行かれた方は是非ここに一度立ち寄って日本の地方近代当時の面影を偲んでほしい。(1999.6.27)



戻る